banner

いろいろあるおすすめの青汁の飲み方

私のおすすめの青汁の飲み方は、牛乳と混ぜることです。
よく知られているように、栄養成分がとても豊富な青汁は、すごく健康にいい飲み物です。
しかしながら、その味がなかなか飲みにくい、苦味が強いことでも知られています。
毎日飲んでいる私にすれば、さすがに飲みなれてしまって、おいしいとすら感じるのですが、飲み始めのころはそうはいきませんでした。
なんとも独特な青臭さがのどの奥まで広がり、しばらく口の中に残って、渋い顔になっていたものです。
ところが不思議なことに、牛乳と混ぜて飲んでみると、その青臭さ、苦さがぐっと減るんです。
まさかと思う方は、ためしにやっていただければわかります。苦さが強烈だったはずが、抹茶風味の飲み物のように、まろやかになっているんです。
牛乳の種類では、成分調整牛乳や乳飲料、加工乳などあって、いちばんまろやかになるのはふつうの牛乳のようです。
理由はよくわかりませんが、テレビでお医者さんが非常に身体にいい組み合わせだと言っているのを見ましたから、おそらくおたがいのいい成分を引き立てあう、うまい組み合わせなのでしょう。見た目は抹茶ミルク風で、少々デザートっぽくなっています。
ぜひいちど、お試しいただきたいものです。
身体にいいのはまちがいないし、牛乳も好きだという方なら、この青汁牛乳は確実に健康をサポートしてくれます。
ただ、牛乳が苦手な人も少なからずいるでしょう。
そんな人は、どうやって飲めばいいのかといえば、じつはちょうどいい飲み方がけっこうあるんです。
まず、抹茶っぽいのを利用して、本物の緑茶に混ぜる飲み方です。粉末緑茶のようなものと思えばいいでしょう。
そのままでは苦い味が、緑茶のおかげでだいぶ抑えられて、渋いお茶の味に近くなります。見た目は元の緑茶のままですから、悪くありません。

冷たい水は、苦味を抑えてくれるのでこれもおすすめです。
あったかいお湯より、感じる苦味が半分以下になります。フルーツジュースに混ぜると、見た目はやや不可思議になるものの、甘みが加わるのでやはり飲みやすいです。
こうしたアレンジの飲み方で大切なのは、あまり青汁の粉末を入れすぎないことです。
どんな飲み方であれ、入れすぎると苦味は強まります。
一回ごとに使い切るスティックタイプだとやや量が多いので、粉末がまとめて入っているタイプの商品を選んでみてください。
そして、書かれている一回の分量の半分くらいから始めてみるのが、いちばんいいと思います。 http://www.mexicosiemprefiel.com/tsukurikata.htm←青汁についてもっと詳しくしりたいって方必見なサイトです。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.